2017/4/4ザ!世界仰天!で手足が樹木のようになるツリーマンの衝撃映像が流れました。ツリーマン症候群は世界に4人しかいないと言われています。ザ!世界仰天!ではツリーマンが奇跡の手術で娘を抱く衝撃のストーリーをおとどけします。

 



ツリーマン症候群とは?

何かに呪われたりしたのか!?
とも思えてしまうような、

手から“木の皮”が生えてくる
世にも恐ろしい病気、

ツリーマン症候群

ツリーマン症候群は、正確には、疣贅状表皮発育異常症(ゆうぜいじょうひょうひはついくいじょうしょう)といいます。

簡単にいうと
イボなのです。
手から“木の皮”が生えてくる非常に珍しい病気、つまりイボのようなものが異常に増殖し続ける病気なのです。

 

疣贅状表皮発育異常症の原因は、ウイルスなのですが、ウイルス自体は決して珍しいものではなく、普通は免疫の機能でブロックされるのです。

しかし、ツリーマン症候群の人々は、遺伝子の異常によって、その免疫力が極端に低下していて、イボがどこまでも増殖を続けてしまうのです。

このツリーマン症候群はとても症例の少ない病気であり、世界に4人しかいないと言われています。

最初はだれにでも見られるような小さいイボなのですが、そのイボが放っておくと、ガン細胞のように増殖をしてしまうのです。

遺伝のような生まれつきのものでもなく、後天的なもののようです。
インドネシア、バングラディシュ、中国などの国だけで発生していて、日本では現在はだれも発症していません。ちなみに2人がバングラディシュです。

ツリーマン、つまり、「木の人」と言ってもこれは皮膚の病気でイボが異常なまでも増殖し、木の表面とそっりになってしまうのです。

アゴに2キロ腫瘍を持つ3歳の少女!!!???はコチラ
→ アゴの腫瘍が巨大化する3歳少女! に奇跡が!!!世界仰天




ツリーマン奇跡の手術

 

ツリーマン症候群を患ったバングラディシュの男性、アブルさんは約10年前(15才)に発症し、イボがあちこちにできはじめ病院を転々としますが原因も治療法も分からなかず、放っておくほかなかったのでした。

その間にどんどんとイボが増殖を繰り返していました。

 

そある日、アブルさんのことをメディアが取り上げたのを見て、シェイク・ハシナ首相が、国が無償で治療することを決めたのでした。

その木(イボ)を取り除くために手術をやっと受けることができたのです。

寄付なども集まり、2017年01月06日 に手術が成功したのでした。

 

名前は、アブル・バジャンダルさんと言って、まだ27歳です。

これまでに、一年間で少なくとも16回のイボ切除手術もしているのです。そのイボの重さがなんと5キロというのですから、驚きです。

ツリーマン奇跡の手術で娘を抱く

現在アブルさんは3歳の愛娘を抱っこすることができてとっても喜んでいます。

「娘を自分の手で抱っこして一緒に遊べる日が来るなんて想像もしていなかったよ。今は一刻も早く家に帰りたいね!」

と嬉しそうに話しています。

 

子供にうつらないの?
このツリーマン症候群の遺伝子的異常は、劣性遺伝であるために、子どもに移る心配はないとのことでした。

ほんとにイボが取れてきれいになってよかったです。




完治する事は不可能?

彼はおそらくあと10回から12回の手術が必要だそうです。また、完治する事は不可能との情報もあります。

実は2008年夏にインドネシアのデデ・コサワさんがアブルさんと同じような手術を受けています。

しかしながらデデさんは、1年半後にはイボがまたもや再発してしまい、この病気が原因で45歳という若さで亡くなってしまったのです。

イボはEVER1とEVER2という遺伝子の変異によって引き起こされる事が分かっているが、この遺伝子がどうやってイボを引き起こす症状に発展するのかはよくわかっていない。症状をある程度緩和させる事は出来るが、現在の医療では完治する事は不可能である。

この世には驚愕するような病気が存在しているのですね。

アブルさんの今後にこれからを注目していきたいですね。
さて、アブルさんの手術の間の映像をご覧でくさい。

Tree Man of Bangladesh Cured After Undergoing 16 Surgeries | YOYO TV English

今回手術にあたった医療チームの人々は

「今後アブルさんのイボが再発しなければこの手術は世界で初めての成功例だ。治療法はないとされてきたツリーマン病も完治が可能になるだろう。」

と期待をしています。

また、アブルさんには、世界中から寄付金が集まっていて、アブルさんは小さな事業をこれから始めたいと語っていました。

このまま、再発もなく元気で暮らすことができればいいですね。

アゴに2キロ腫瘍を持つ3歳の少女!!!???はコチラ
→ アゴの腫瘍が巨大化する3歳少女! に奇跡が!!!世界仰天




今度は少女にツリーマン病がwww

2017年3月27日に、またもやバングラデシュでツリーマン症候群を発症したと発表されました。しかも、今度は少女だというのですからやりきれません。

 

 

ツリーマン病は、樹木男症候群という病名もあって、この名前から想像するように、これまで男性特有の病気だと考えられていましたがとうとう女性にまでツリーマン病が発症してしまったのです。

名前はサハナ・カトゥンさん、年はまだ10歳です。

彼女ももちろんイボを取る手術を受けたのですが、」今後も10回程度の手術が必要とのことで、しかもこの手術を受けても、症状がよくなっていないと父親はコメントをしているようなのです。

なんだか本当に辛い病気ですね。




ザ!世界仰天!ツリーマン、ネットの反応

ザ・仰天ニュースのCMで「体から木が生えたる奇病に掛かった少年、通称”ツリーマン”を最新医療で救えるか」ってやってたんだけど、このツリーマンって完全にグラブルのレナさんだよね? レナさん未所持だから設定知らないけど、レナさん…最新医療で救えるんじゃない? ハッピーエンドできそう!
TVでやってるツリーマンってやつ、ほんとにそんな事あるの???正直、完全にひとごとだけど怖すぎるだろ
ツリーマン悪いけどほんとに気持ち悪い。昔からぶつぶつとかそーゆー系ほんと無理。全身かきむしっちゃうし、過食してなくても吐きそう。全部小学生の時の愛読書楳図かずおのせいだ