七草粥は、人日の節句(1月7日)の朝に無病息災を祈願して食べられている日本の行事食ですす。春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べす習慣です。七草粥は、祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われてます。

kayu

1月7日は七草粥

本日は五節句のひとつ、人日です。無病息災を願い七草粥を食べることでも知られています。現在と種類は違うようですが『延喜式』にも記載がある、古い習俗です。短歌のリズムで「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ・

★☆★ネットの反応★☆★

今年も七草粥作りました✨ (*´ー`*) ムーちゃんにもお裾分け作りました♬ o(*´∇`*) 今年も元気に暮らせますように…✨

《七草粥の日》 セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロ を七草といいます。 今日 七草粥を食べて無病息災を願う 習慣が平安時代から受け継がれて います。 🌿➰🌱➰🌿➰🌱➰🌿

「七草がゆ」ならぬ七草たまご雑炊で無病息災♪ こどもたちはおかゆが苦手なので…たまごをプラスしてお雑炊に。おかわりするほどでよかった!

今日は、カフェでは、春の七草粥を選べますよ🎵無病息災、みなさんの健康をお祈りします~(*^^*)2枚目の写真は昨日の「お医者さんと話そう」での軽食。もち小麦とじゃがいものお餅にりんごの汁粉、紫黒米入りのお赤飯🎵お漬物は紅大根🎵でした~(*^^*)

七草粥で今年も無病息災!

本日、七草粥を食べる日 古来日本には、 雪の間から芽を出した若菜を摘む 「若菜摘み」という風習がありました。 新年をみる占い(願掛け?)として あったそうです。 唐の時代には、人日の日に 七種類の野菜を入れた汁物、 「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」 を食べて、無病息災を祈ったそうです。

o

★☆★ネットの反応★☆★

七草粥で一年の無病息災を祈願しました。 冬場でも霜や雪がほとんど降らず、温暖で安定した気候に恵まれた三浦半島産の三浦野菜です。

☀2017年1月7日、今日は五節句のひとつ人日(じんじつ)、つまり🍚七草がゆの日ですね。日本の7つの🌱若菜を粥でいただくことで、邪気を払って(無病息災)身体を労わり健康と立身出世を願う日です