生田斗真主演映画『彼らが本気で編むときは、』は、性同一性障害に悩むリンコが女性として人生を再出発しようとする姿や育児放棄に遭った少女との共同生活を描いていきます。今回の生田斗真主演映画『彼らが本気で編むときは、』は内容が深いものとなってます

ws000275

<スポンサーリンク>



映画『彼らが本気で編むときは、』キャスト

ws000269

生田斗真(リンコ)
リンコは元男性の性転換をした女性です。幼いころから性同一性障害に苦しんで育ってきましたが、現在は女性としてホームで介護士として働いています。マキオを頼って訪れたトモに美味しい手料理を振る舞い、愛情をもって接しています。*生田斗真は、心は女性という難しい役どころを演じ見た目も女性に扮しています。

 

ws000270

桐谷健太(マキオ)
リンコの恋人。マキオはトモの母親の弟で、つまりトモの叔父です。マキオはリンコのパートナーになり一緒に暮らしています。
 
ws000272

柿原りんか(トモ)
トモ11歳の小学生です。は母親・ヒロミが育児放棄で家でをしてしまったので、叔父・マキオの家を訪ねていき一緒に暮らし始めます。マキオの家を訪れるのはこれが初めてではなかったのですが、リンコの存在で戸惑いを見せながらも愛情に包まれていきます。

 
ws000271

ミムラ(ヒロミ)
ヒロミはトモの母親で、マキオの姉です。シングルマザーでの生活に疲れてしまい娘を置き去りにしてしまいます。
 

ws000273

門脇麦(佑香)
佑香はリンコの同僚の介護士として働いています。性格がサバサバしていてリンコとは正反対なのですが実は結婚を控えている恋人がいるのです。人とのつながりや人を愛することの重要性を伝える役をになっています。

 
ws000274

田中美佐子(フミコ)
フミコはリンコの母親です。リンコの一番の理解者であって、リンコが小さな頃から自分の性に悩んでいたことをよく分かっています。だれよりもリンコを支え続けているおおきな存在です。

 
出演:生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラ、小池栄子、門脇麦、柏原収史、込江海翔、りりィ、田中美佐子 ほか

脚本・監督:荻上直子

<スポンサーリンク>



映画『彼らが本気で編むときは、』あらすじ

リンコは男で生まれましたが、気持ちは女の「性同一性障害」に苦しみ、子供の頃から自分の性に悩んで育ちました。

11歳で小学生の少女・トモは母親のヒロミと2人で暮らしていますが、ヒロミは母親らしい優しさが無く、ある日育児放棄をしてトモを一人残し家を出てしまいます。

一人になったトモは以前にも訪ねたことがある叔父・マキオの家を訪ねますが、マキオは美しい「女性」恋人のリンコと暮らしていました。

リンコは、元男性のトランスジェンダーだったのです。老人ホームで介護士として働いていて、戸惑うトモでしたが、リンコの美味しい手料理に食卓の団らん。母よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに家族の温かさをかんじるようになり、やがて三人での奇妙な共同生活が始まったのです。

ws001109

ミムラは、マキオの姉であり、娘のトモを愛しながらも、シングルマザーの辛さから悩み、娘を置き去りにしてしまったのです。

マキオにはお姉さんがいて、お姉さんが子供を置き去りにすることによってトモをマキオが引き取って育てるお話になっています。

リンコの人生の応援してくれるのが母親のヒロミでリンコの最も頼れる存在です。

リンコが自分のことをトランスジェンダーであると分かって母親にカミングアウトすることは、とても勇気がいったことでしょう。

ws001102

小学生であるトモの同級生・カイの母親であるナオミは、家庭環境が良いとは決して言えないトモに自分の息子が近づくことに警戒心を強くのですが、実はその息子自身も心に深い悩みを持っているんです。

リンコの職場の同僚・佑香は、リンコと対照的に、女性でありながら男っぽいサバサバとした性格なのですが、結婚を控えています。お互いの波乱万丈な人生に多大な影響を与え合っていく様子もみどころとなりそうです。

<スポンサーリンク>



イメージソングはゴスペラーズ『トゥルー・カラーズ』

ws000276

映画「彼らが本気で編むときは、」のイメージソングは1986年にシンディ・ローパーがリリースした『トゥルー・カラーズ』が起用されることとなりました。1986年にシンディ・ローパーが、セカンドアルバム「トゥルー・カラーズ」からのファーストシングルとして発表した、同名の曲「トゥルー・カラーズ」。ビルボード・ホット100で2週間1位を記録したほか、世界中で大ヒットとなった名曲です。
 
本作ではゴスペラーズが『トゥルー・カラーズ』をカバーする事が決定し、ゴスペラーズのメインヴォーカルを務める村上てつやは「名曲の究極の一つといえるこの曲を歌わせていただく機会に恵まれて光栄です」と話しています。

完成したそのサウンドは、性同一性障害や、育児放棄といった様々な社会的なテーマを盛り込みつつも、爽やかな世界観に満ちている本作の魅力に合う仕上がりになっています。
 
「トゥルー・カラーズ」は、その歌詞の内容から、セクシュアル・マイノリティをはじめとする多くの人たちの心を打ち、世界中の様々なアーティストにカバーされ、幅広い世代から愛されています。